So-net無料ブログ作成
検索選択
演劇感想 ブログトップ
前の10件 | -

2/2(土) 二月大歌舞伎   [演劇感想]

松本白鸚二十七回忌追善公演 夜の部に行ってまいりました。

久々に濃紺(ほとんど黒に近い)結城紬の附下・白に銀と桃色の刺繍の袋帯という姿で少々気合を入れ目で観てきました。着物は良く出来ていますね。寒くないんですから。夏涼しくて、冬暖かい。やはりその土地の気候に合っているのですね。

ところで、演目は、以下の通り。

「寿曽我対面」富十郎、三津五郎、橋之助とゴージャスです。衣装も舞台も華々しく見得を切られるとまるで絵画のようでした。(矯め息)

幸四郎、染五郎、吉右衛門、雀右衛門、松緑の「口上」。幸四郎の歯切れの良い親父の白鸚の笑えるエピソードを披露しての口上は感激しました。高麗屋ファンと自称しながら不届き者ですが、この人は舞台で現代語を話しているほうが雰囲気あるな~と思うのでした。

幸四郎、梅玉、芝翫、魁春の「熊谷陣屋」。「年は一昔、夢だ、夢だ」の最後の花道での一言に涙します。ただ、私は吉右衛門の「熊谷陣屋」の方が泣けました。

染五郎の「春興鏡獅子」。すっばらしい!2日目ということもあってか緊張感も伝わってくるし、少しやせて女方が細くてきれい。少々堅くて色っぽさにはかけますが、色っぽい役ではないので、それはそれで初々しくて。このか細い踊りと後半の獅子にのりうつられてからの激しい踊りのコントラストがすばらしい!!高麗屋跡継ぎの気合が入った踊りで大感激です。ヤサオトコ好きがもとで、ずーっと観てきた染五郎。今日は、ほんとにずーっと観てきてよかったと思わせてくれる立派な舞台でした。(息子も観たかったな~。)

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/2008/02/post_22.html

当日券で午前の部もいってしまいそうな今月です。

桟敷にみのさんがいました。


2008-02-03 16:35  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新橋演舞場 阿国 [演劇感想]

新橋演舞場 阿国行ってきました。

阿国:木の実ナナ→ あんまり上手じゃないんですね。なんか病気をされていたんですか?踊りもあまり・・・。ちょっとがっかりでした。

猪熊少将:池端慎之介→ピーター。踊りが腰が据わっていてさすが血筋!歌もよかったし、なんせ色っぽい。ひとつひとつを丁寧に演じてくれて見ているほうがゆったりとできます。

三郎左衛門:上條恒彦→すっごい存在感と歌唱力。合唱場面でも声が安易に判別できる。
お丹:大和田 美穂→前半・後半の演じ分けと一蔵への告白場面の変化は、とってもわかりやすく彼女へ感情移入できたので、お丹を理解できました。
三九郎:若松武史→私はこの人の発声が好みでなく、度々??となることも。もうちょっとしっかりと発声してほしいなぁ~。特に前半。
おあか:鷲尾真知子→大奥を思い出してしまうような滑稽さ。後半の変貌ぶりもよかったです。
とっぱ:深沢 敦→妙な色気・・。やさしさ溢れてとっぱ好きです。
一蔵:東山 義久→1月の品川プリンスで観たCLUB SEVENで観て以来2度目。一蔵・二蔵の動きがぴったりで素敵でした。
ニ蔵:西村 直人→そもそもこの阿国のチケット取ったのはこの人がでているからでした。CLUB SEVENで気になって、パンフレットに阿国にでると書いてあったので。。しかし、すっかり忘れてました。(^^;;だけど、好みって変わらないのね。出てきたとたんに、え!素敵♪思い出しました。西村さん。ダンスがきまる人です。腰の安定感がすばらしく、気持ちのいいダンス。あと視線が素敵なんですよね~。もう夢中でした。ナナさんより西村さん観てたと言ってもいいくらい。次回は「志村魂」にご出演とか・・。興味ない演目だったんだけど、チケット・・取っちゃうでしょう。コメディだと思うので、
楽しみです。

又、見つけた♪注目株!!

(★★★☆☆)


2007-03-10 22:57  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シアターコクーン「橋を渡ったら泣け」 [演劇感想]

作:土屋英生
演出:成瀬勝久

出演:大倉幸二、奥菜 恵、八嶋智人、小松和重、鈴木浩介、岩佐真悠子、六角精児、戸田恵子

大災害が起こり、瓦礫の中に残される8人・・・。他に生存者もいるのかわからず、不安とともにだんだんと生活をつづけていく。小さなコミュニティで、だんだんとルールができ、上下関係ができ、それに従う人ができ、そして、自分だけという行動もでてくる・・・。そして、だんだんと人格にも変化が・・。

かるーいのりかしら・・っと思っていたら、さすがコクーン。考えさせられました。とくに八嶋さんの井上はよかった。彼の理解力のなさがだんだんと雰囲気が悪くなってきてしまう彼らのちょっとした安らぎ。彼が言葉の先を読めないから、彼に語りかける。たぶん彼に真実があるからだろう。大倉幸二も前半、後半の演技にきっちりと差があり、わかりやすい。戸田恵子がうまく彼女の演技が小さなコミュニティの不安を語ってくれる。やっぱり、この人はうまい!その点、個人的には小松和重の戸田恵子の旦那役は理解できなかった。変化が薄く心情がとらえにくい。年上の妻を持つ役としていいのかもしれないが、もう少し個性がほしい。
とにかく問題なのは、岩佐真悠子。グラビア出身で最近ドラマにもでているらしいが、今回初舞台。コネ?こんなにいい俳優さんが揃ってるところに、子どもミュージカル以下の演技。セリフが少ないから救われたが、がっかりだった。
奥菜恵は、なぜかベッキーにしか見えなかった。この人もっとうまかった気がするけどな~。

半休してまで観たのにな・・(でも帰社して残業したけど)

(★★★☆☆)
   


2007-03-08 00:01  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三月大歌舞伎 義経千本桜 通し狂言 [演劇感想]

行ってきました三月大歌舞伎。昼の部・夜の部通しで見てまいりました。見ごたえばっちりで、ちょっとエコノミー症候群です。(--;;
またもや豪華キャスト!
しかし、注目は五幕目すしやの仁左衛門でしょう!涙涙でした。放蕩息子の権太が改心の決心をしたとたん不幸にも父親に刺されてしまう。維盛親子の身代わりに自分妻子を差し出して、バレないように演技する。それなのに、実は、身代わりになっていることはバレバレで、維盛を助けるために実は権太が利用されていた。やっと素直に親父孝行をしようと家族まで捨てて妻子を差し出したのに・・・。四幕の権太の悪どさの仁左衛門の演技が素晴らしく、五幕目のシーンが引き立ちます。権太の素直になれなかった性格や最後の哀れさに泣けます。迫力ある演技です。

菊五郎の狐忠信は、ちょっと年齢行き過ぎで狐のこまやかな演技には程遠いかも・・。もっと動いて、もっと回ってほしい。宙吊りは勘弁してあげますが。。。

幸四郎の最後の飛び込みも素晴らしく、時蔵さまのいろっぽさは相変わらず。孝太郎のお里も愛らしいです。最近お気に入りの仲間入りしている梅玉も品行方正、気品溢れる義経もいいです。
川連法眼館の忠信以外は菊五郎はすばらしく、ひとつひとつの決め方もため息です。

下世話なことを言えば、寺島しのぶと染五郎のことを考えると菊五郎と幸四郎のツーショットはドキドキしてしまいました。

歌舞伎座にて26日まで。
http://www.kabuki-za.co.jp/

(★★★★☆)


2007-03-04 00:56  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

二月大歌舞伎 仮名手本忠臣蔵  [演劇感想]

歌舞伎座へと「仮名手本忠臣蔵」を見に行ってきました。
なんと、昼の部夜の部ぶっ続けの通し狂言です。11時に昼の部が
始まって、夜の部終了が21時。
いやー大変かなっと思ってたけど、俳優さんがすごいメンバーなので
飽きないどころか大感動でした。
昼の部の方が個人的には、いい配役だったように感じます。
特に大序の若狭之助の吉衛門・・・本当はこの人が松の廊下で乱闘騒ぎを起こしそうになってたのに、家来の計らいで怒りをおさめて事なきを得た人。心の優しさがいっぱいでていて、ほんわかした気持ちになりました。
師直の富十郎・・・今回のトミーはいぢわるぶり大発揮。見ている私も「なんだこいつ。。いぢわるぅ~。」と芝居にどんどん引き込まれていきました。
そして、塩冶判官の菊五郎。奥さんが美しかったばかりに、トミーにやきもちを焼かれ、又奥様がトミーの誘いを断ったばかりに、いぢめに合い、ついに怒り心頭乱闘騒ぎ、御家断絶切腹になってしまった気の毒な人。切腹のシーンで必死に家老の由良之助(幸四郎)を最後まで待つ菊五郎。泣きました。腹を切ったすぐ後由良之助が入ってくるが、検視役の梅玉も同情し、息も絶え絶えの菊五郎の前に行くことを許してあげるシーンも涙。梅玉今回おいしかった。優しい役が多くて。
夜の部は仁左衛門と玉三郎の笑いも交えた絡みが楽しくそして悲しく、感情移入できました。
明日が千秋楽なので、これから見に行ってくださいとお勧めできないのが非常に残念。何を言っているのかちゃんとわかる芝居だし、俳優はゴージャスだし、ストーリーもわかりやすく、人情話も加わって厚みのある演目です。
大満足。
(★★★★★)

そして、今日は寒かったので昨年春に買った着物用のコート(古着、そして男物)を着ました。とってもあったかかくてGOOD。松屋にオーダーしていた帯の仕立てが終わったと連絡きていたので、ピックアップ。茶色い帯は(って2本作ったのね)、今日してた帯とそっくりな色(^^;;。 好きな色って変わらないのね~。でも本当はいろんな帯を持ってバリエーション増やしたいから実は失敗。でも素敵な帯に仕上がりました。来週も歌舞伎座なのでどっちかを締めていきます。



1/27(土)タイタニック 東京フォーラムCホール [演劇感想]

正直言ってすべてがショボイ・・・。
セットもショボイので、1幕目の傲慢ゴージャス感はまったく感じられない。
衣装も別段特徴もなし・・別段歌唱力も感じられず、オケも迫力に欠ける。
東京フォーラムでなく、もう少し箱が小さな劇場であればもっと楽しめたのかも。。
カーテンコールで最後に挨拶したのは、松岡君。え?松岡くんがメインだったの?セリフないじゃん。そんなに。一生懸命でよかったですよ。でも...
最後ではないのでは??

その中でも、岡 幸二郎さんは、魅せてくれていました。鈴木綜二郎さんも
独特の雰囲気がとってもよかったです。

☆☆☆☆☆(☆なし)



初めての歌舞伎座桟敷席 11/20 夜の部 [演劇感想]

初めて桟敷席を体験しました。
http://www.kabuki-za.co.jp/sya/vol29.html

どんな様子かは、このリンクを観ていただけばわかります。

さすが、VIP席。いいですよ~。座席位置が舞台よりちょっとだけ高め、でもほとんど変わらないというところにあるので、観やすい。まるで共演者のようです。(笑)舞台の端から端まで見えて臨場感たっぷり。ただ、踊りのキメは、真正面から見たほうがバランスがよく、美しく見られると思います。
座席は2席区切りの一応個室もどき・・ドアもそれぞれにありますから、だれかが入ってくるってことはないので、自宅の茶の間で歌舞伎を見ている感じです。いつもは、お土産やさんを覗きにいったりとうろちょろする私ですが、どっしり座って動きません。それに、お茶とポットがあるので、見ながら、ポットから湯のみにお茶入れたりできちゃうんですよ。ね!まるで、茶の間。せっかくの桟敷(だって、客席より一段高いから、客席から丸見えなんですもの)なので、もちろんお着物で参上。歌舞伎気分満載でした。
内容も充実!内容は以下参照。
http://www.kabuki-za.co.jp/info/kougyou/0511/11kg_1.html
一本目が主役の中村吉右衛門作の「日向嶋景清」。吉右衛門さんの演技は迫力満点でした。里人役で染五郎さまもご出演。
二本目が富十郎さんのご長男の「中村鷹之資」襲名(っていうか彼のためにこの名前ができた。6歳児です・・)披露。
70才過ぎてからのお子さんなので、歌舞伎界全体で祝っている感がありました。りっぱな見得をきり、将来が期待です。
そしてそして、待ってました!幸四郎・染五郎の「連獅子」。
前髪を揃えた染五郎様。かわいくて、素敵!幼いときに谷に突き落とされて
崖をやっとのことで上がってきた子獅子から若獅子になって、親にも負けない力強さを出す踊りには大感動でありました。
あまりの踊りの激しさに染さまに釘付け。あんなに2つの獅子のリズムがあわない連獅子も珍しいとは思うけど、父を追いかける若々しさが感じられて、にくい演目でした。鷹之資襲名の後の親子競演だけに、すばらしいメニューだったと思う。幕が上から下りてしまったからか、これで終わりと思い、帰宅してしまったお客もいたほどの濃い内容。これに加えて最後は、近松門左衛門がひとつ。時蔵さんだったから、満足だけど、私は基本的に近松嫌い。なぜにすぐ死ぬ?まあ、それだけこの時代が平和だったってことですかね。だって、旦那をだまそうと思って、旦那が毎晩口説いている娘の布団に成り代わって入っていると、娘が慕っていた手代が入ってきて、間違って不義密通。思い悩んで死の旅に・・。そんなのあり?

ちなみにこの日は、仕事のためにジャスコに商品の値段を調べにいかなければならず、着物姿で、値段を歌舞伎座のチケットの裏に書き込んだのであった。途中で気づいたのだが、その目は、すごく真剣でした。(たぶん)
怪しい着物姿を見たらご用心・・・。



着物で観劇!10月23日(日)日生劇場 「夢の仲蔵千本桜」 [演劇感想]

松本幸四郎市川染五郎の再演もの。
印象としては、客数が少ないかなぁ..だから会場自体の盛り上がりに欠けるた。もっと拍手するところは、ばっちり拍手したいものです。劇中劇で歌舞伎シーンがふんだんにあるのですが、やっぱりキメの所は拍手喝さいでしょう?そこらへんがちょっと地味さを感じさせたところかな。
前回は幸四郎さんが前に出ていた気がしますが、今回は染さま中心。声もしっかり通って、なんせ色っぽいし惚れ惚れです。本当に毎回毎回(お子ができてから更に)素敵さが増します。

ただ、幸四郎と染五郎、仲蔵と此蔵(コノゾウ)、義経と狐忠信の関係のオーバーラップするところをもっと出して、わかりやすくしてほしかった・・。染五郎の勢いにパパがついていけていないように感じるのは、私がまだまだ歌舞伎をわかっていない・・ということでしょうか?

ところで、初めて着物で観劇してまいりました。雰囲気は盛り上がります。最近の着付けはお道具がいろいろあって、自分ひとりでマニュアル見ながら着られるものなのですね。

また挑戦しよーっと。



10月22日(土)二兎社 歌わせたい男たち ベビサンピット [演劇感想]

戸田恵子主演に惹かれてなんとなくチケットを買ったこの作品。
よかったです!二重丸。
まず、江東区森下に位置する 会場ベニサンピット。併設の稽古場から
役者たちの声が聞こえてきて、たぶんどこかも倉庫を改装したと思われるたたずまい。決して広くないけど、舞台に集中できるよい会場です。

あらすじは、元売れないシャンソン歌手だった音楽講師が戸田恵子。じつはあまりピアノが上手ではなくて、卒業式に弾く歌の伴奏にかなり神経質になっている。しかし、それとは別にこの学校は「君が代」を歌わない職員がいてマスコミからも数年騒がれ、校長はなんとか生徒・職員ともに起立し、歌わせたいと1年かけて説得活動をしてきた。音楽講師と仲のよい同じ名古屋生まれの社会科男性教師が例年問題になっている歌わない教師。ここから、生活のために歌いましょうと説得する音楽教師と教員は生活のために「歌わないことを選択することができると教えない」ことはいけないことだと反論する。最後に校長が、「内心の自由とは、内なる心で思うことだ。しかし、行動を起こしたときそれは内心ではなくなる。君が代を歌いながら、心でなにを考えてもそれは自由だが、歌わないという行動は公務員の職務放棄となる」と訴える。
正直、考えさせたれた。「君が代」を歌うことと「君が代を歌うことは軍国教育を認めることになると考える自由」
このような政治思想ではないけれど、社会人には、それぞれルールがあって、個人の考えと求められる行動が違うことってしばしば起きる。
戸田恵子の笑いが取れる芝居の中に、考えさせられる課題が混じって、骨太の深みのある内容になっていたと思う。

加えると、観劇の前に食べた森下「みのや」の桜鍋&馬刺し&玉子焼き。おいしかったです。体あったまるし、味噌味がいい!!臭みもなくてやわらかくて、最後に残った鍋の汁に卵いれて半熟にし、ご飯の上にのせて食べる(テーブルの上の説明のまま)・・・最高でした。



5/19・5/24 シアターアップル キャラメルボックス [演劇感想]

5/19 「僕のポケットは星でいっぱい」
5/24 「広くてすてきな宇宙じゃないか」

ともにキャラメルボックスのハーフタイムシアター作品。60分の話を2本立てで(入れ替え制)行うスタイル
これは、柿本家のスギエ・カシオ・クリコの三人兄弟と家族について描いた作品です。「僕ポケ」はカシオが将来母が亡くなってしまうのを知って、未来の医学を頼ってその時代禁止されていた未来へのタイムトリップで未来の自分と出会う話。もともと、「広くて」の未来の話。大人になったカシオからすると過去だったりもするのだが。そこが又面白い。

今日見た「広くて」は号泣だった。劇場であんなに泣いたのは初めてかも。感動で心が震えるとはこういうことだと久しぶりに味わった。母が亡くなって1年後にアンドロイドの「おばあちゃん」が柿本家にやってくる。このおばあちゃんと末っ子のクリコのお話。もう大切な人と別れたくないから、大切な人を作るのを拒否し、自分の中で大きな存在になってしまいそうなおばあちゃんを否定する。でもおばあちゃんはクリコのすべてを肯する。クリコのため(柿本家の人々のため)ならなんでもできるし、壊れたりしないと豪語するおばあちゃん。
実は、最近人間関係に悩む私。もう悩んでも自分だけで解決できる問題ではないので、もういいか。。関係の修復なんて・・・と思い始めていた。
「おばあちゃん」を観ていて、私にも「おばあちゃん」がふっと訪れてなんとかしてくれる気がした。
この年でやろうと思ったらなんでも実現できる気がした。実は回りに自分はきちんと見ていないけど、「おばあちゃん」がいるのではないかと思えた。
ラストの感動シーンのBGMも気分を盛り上げてくれ、大満足の60分。
カーテンコールでも私の泣きはとまらず、自分でもびっくり。
「広くて」は「僕ポケ」より年配チームが出演しているが、やはり、安定感があり演技がうまい!テンポもよく笑いもあり、最後にしっかり泣かせてくれる。60分4000円は高いと思っていたが、いやいや充分もとはとれる。
たぶん、もう一回は観てしまうでしょう。
チケットは(平日を中心に)まだまだあるようなので、(21時開演もあるので、意外といきやすい)多くの人にみてもらいたいな~と思うのでありました。

心震わせてます?



前の10件 | - 演劇感想 ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。