So-net無料ブログ作成
検索選択
ビジネス ブログトップ

紺スーツ [ビジネス]

今日は、入社式でした。さすが、ファッション関連会社。金髪はいるわ、メークもばっちりいまどき風。
でも、全員ひとりとして例外なく、紺もしくは黒のスーツ。1日に親会社の入社式に出席しましたが、中途採用者は勝手気ままでしたが、新卒社員は例外なく紺のスーツ。そして黒のプレーンなパンプス
今日の方が親会社に比べれば、ジャケットのラインが細く、なんとなくおしゃれに着こなしてはいます。
たぶん、今日集まった人たちは研修が終わったら紺のスーツはお払い箱。だって本社の社員もアクセサリーじゃらじゃら、耳にピアス(男の人が多いのよね)なのだから。みんな自由に気合い入ってないおしゃれです。

十数年前(本当は20年弱か・・)、私が就職活動していた頃は、形はコンサバだけど、紺一色ということはなかったです。実際、私はベージュでしたし。いつの頃からなのでしょうか?紺一色になってきたのは。
この紺スーツのマーケットで拡大していると思います。ただ、ここまで統一されてしまうと少子化ですから、マーケットは逆に縮小されていってしまうのかもしれません。
面接する方の立ち場にたてば、外見が没個性ということで、より内面が見えるということなのでしょうか?でも、個人的には外見内面含めて個性ですから、「面接」という枠の中でいかに自分をトータル的に表現できるかは大切だと思うんですよね。だって、入社したら「制服」じゃない会社も多いのですから。

入社式中に考えたのが、このお払い箱紺スーツのネット古着店。就職用なので、毎年ラインが変わるということではないし、夏の就活期は汗かくけど、秋冬スーツはそんなに痛みもないし、買う方も何回も着るわけじゃないし。古着で就活なんて縁起悪いのかしら?
世の中エコロジーですし、いいと思うのですが・・・。

アクセじゃらじゃらで、ピアスの会社で私の格好?まだ新入社員ですから、毎日スーツです。男の人たちのうち半分はスーツだから、そんなに浮かないです。・・・っと思います.・・・。


2008-04-07 23:46  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サラリーウーマン元営業に泣く! [ビジネス]

今日メールが1通届いた。2年前に私を担当する営業さんだった彼。
転職するんだそうだ。だれにも話してないんだけど、私にだけはお話したいとメールをくれた。夜、連絡してみると、来週末で今の会社を辞めてしまうとのこと。まあ、今の会社に合っていないと思っていたので、「よかったね~」と喜んだ。そして、転職先はまたまた私の取引先。そこで、涙涙の言葉をもらった。
「僕、○○さん(←わたし)と一緒に働いていた頃が楽しかったんです。だから、転職先でも○○さんと一緒に働ける部署を希望していて、又絶対一緒になにかやりたいと思って転職決めたんです」
泣けるじゃないですか!!外部の方にこんな言葉をもらえるのは、サラリーマン冥利につきます。ありがたいことです。
期待を裏切らないように、まだまだがんばらなくっちゃいけないなと気を引き締められる日でした。

会議のプレゼンもなんとかなったし、決めたかった内容は思うように決定したので、まあまあ成功でした。
やっぱり今日は「達成」の日らしい1日でした。


2007-03-10 00:27  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サラリーマン チームワークについて [ビジネス]

最近昼食も食べる暇もないどころか、1分の休憩もなく打ち合わせに
明け暮れる毎日・・。部下たちとは会話をする暇もなく、机の上には
山ほどの承認待ち書類。。。メールで会話し、残業時間に承認書類の
内容確認、家に帰るのは午前様。。寝るだけの家で、朝はギリギリまで
ベッドにしがみつく・・。それでも、部下たちに心の中でごめんね!と叫びながら今まで経験したことのない種類の仕事に向かっている。不思議と
大変だから厭ということは感じなく、どちらかというとランニングハイのような
(味わったことないけど、こんな感じ?)気分の最近でした。しかし、上司からの仕事の進捗についての度重なる確認に怒り爆発!歩みを止めたらすべてのバランスが悪くなるようなスケジュールで進んでいて、意味のない報告のための時間はないのだ。我慢ならず、座席で吠えたら、一人の男性部下がGABAなるストレス発散チョコレートを買ってきてくれました。
http://www.ezaki-glico.net/gaba/
たぶん、わざわざ買って来てくれたんだとおもうの。彼に向かって愚痴ってた私に。
そして、その後、となりに座っている女性部下(といっても私よりとってもよくできた人なんですが)が、「かなりやれてる思いますよ。私、よくやっていけてると感心しますよ」と暖かい言葉をかけてくれました。
そして、冷静になって辺りを見たら、みんな笑顔で働いて、私の冗談にも漫然の微笑みを返してくれました。たぶん、私の大噴火を知ってのことでしょう。マネージメントなんて、上司が部下にじゃなくて双方向なんだと実感した一瞬です。私がビジネスで目指したいのは、多くの人とビジネスの音楽を奏でること。音楽はリズム、メロディ、そしてハーモニー。素敵なハーモニーを感じた1日でした。



ビジネス ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。