So-net無料ブログ作成
検索選択

国税調査はあっているのね。 [生活]

大学の研究室の同窓会に行ってきました。
25周年の時に行かなかったから、卒業依頼あっていないなんて人もいて、
懐かしかったな~。
でも、超久しぶりに会っても、まるで昨日まで一緒にいたかのように
盛り上がれる同期の友人たち。でも人生いろいろ・・。子ども抱えての参加の人も
いっぱい。そして、結婚、離婚、そして再婚まで私の知らない間にしていたり、
今離婚調整中って人も。それに比べると自分はまだまだ人生経験値が低いと
実感してしまいました。

卒業したのは教育学部で当然先輩、後輩には教師をやっている人たちがたくさんいる。
一般企業に行った人と教師になった人とでは、世の中の見方が違っているように感じました。「教育」という場にのみ身をおいているからか発想の展開があまり大胆でないように感じました。同窓会の前にディスカッションの場があったのですが、テーマは「小学校のうちにどんな力をつけさせれば、子どもは社会で活躍できるか」というもので、「キャリア教育」について語りあおうというもの。そもそも「社会で活躍」って何?金持ちになること?肩書きがいいこと?テレビにでること?こんなテーマ自体がなんだか「月9」の素敵なマンションをイメージさせて現実性にかける。
中には「早寝・早起き・朝ごはん」が大切なんだとかいう話にもなり・・・。それは手段であって、目的ではないでしょ。
そもそも社会で活躍する大人にならなければならないのだろうか。活躍しているって言葉自体も3人称であるように感じる。人生の価値は一人称なのではないかと私は思っています。それは自分さえよければということではなくて、最終的には、自分で自分の人生にOKサインを出せるかってことだと思う。そのOKサインの要因に他人からの批判や賞賛もあって。
教育者と呼ばれる人たちが「社会で活躍」なんて考えてることにちょっと社会の不安を感じました。

ところで、先輩、同期、後輩・・どちらを見ても女性は「姓」が変わっていた。先日6人で食事をしたら、ほぼ40代の私たち・・ひとりしか嫁に行ってなかった。会社もほぼ独身女性だらけ・・。「国税調査は間違っている!」なんて豪語したけど、あってたみたいよ。
類は友を呼ぶようですよ>私の友人たち!


2007-08-05 22:12  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。